【韓国留学準備】延世語学堂 学生寮 SKグローバルハウス

S__27631618-2

韓国留学をするなかで、悩みの一つはどこに住むかではないでしょうか。
私が韓国留学の初期に住んだ場所は延世大学の学生寮SKグローバルハウス。

 

ちなみに、寮のお金は1464000ウォンで、当時のレートで158090円でした。
私は代行会社に円建納入をお願いしたので手数料+1000円で3ヶ月の寮費は159090円となりました。

他の寮に比べて高かったですけど、それでも1ヶ月あたり光熱費込みで53000円くらい。

私は2ヶ月で仕事が決まってしまい学校を辞めたのですが、寮のメリットとデメリットについて。

【韓国留学】SKグローバルハウス 共有設備

2015.09.25

【韓国留学】延世大学寄宿舎 SKグローバルハウス 2人部屋

2015.09.24

メリット

  • 学校から寮まで直通。
  • コシウォンに比べて広く、2人部屋はトイレ・シャワー別
  • 布団など支給されるので短期にオススメ
  • 勉強に集中するには良い環境

デメリット

  • ひきこもりになりがち
  • 共有キッチンが地下
  • ルームメイトの相性は住んでみないとわからない

まず、メリットでありデメリットとなるのが、学校から寮まで直通であること。

延世大学の語学堂は坂道の上にあるので、毎日の大変な通学が軽減されるのはメリットですが
逆に街に降りるのが面倒になって学校の敷地内から出るのが億劫になってしまう場合も。
語学の上達に必要なことは机上での勉強だけでなく、実際に話すことなのでせっかく韓国に来ているのに外に出かけないのはもったいないですよね。
特に、延世の場合は語学堂の地下に食堂やコンビニなどもあり、生活をする上で困らないので。意識して外に出ないと部屋と教室の往復しかしていない……ということにつながってしまう場合もあります。

しかし、PCルームやジムなどコシウォンや下宿にはない設備があったりと、メリットも。布団や勉強机など、生活をする上で必要な大きなものは揃っているので、3〜6ヶ月の留学の方にはオススメです。2人部屋には冷蔵庫はありませんが、1人部屋にはミニ冷蔵庫も完備です。

最後まで読んでくださってありがとうございます!
お帰りの際に、ブログランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ 韓国コスメへ
にほんブログ村 旅行ブログへ

ABOUTこの記事をかいた人

Nagisa

韓国美容ライター。元エステティシャン。栄養士・調理師免許を持つ母の元、幼少期から『医食同源』の考えを教わる。韓国美容や東洋医学等に関心を持ち、単身渡韓。現地メディア会社でライターとして就業したのち日本に帰国。