【韓国留学準備】海外留学保険どうする!?

S__29433858

 

残り15日。

今回は、海外旅行保険について。

私は、Go!韓国留学さんにお願いして韓化総合保険に加入をしました。

28歳・円建て振込の手数料3000円込で1年間で3万円ちょっと。

一度立て替える必要はありますが、自己負担金は10000~20000wくらいで済み、処方箋薬も対象になるのでこちらに。

日本で海外保険申し込むと倍以上しますもんね。

 

ちなみに、3ヶ月以内の渡航の場合はカードに付帯する海外保険を適用させるのも手。

私は今楽天カードと、ANAカードをメインに使っているのですが(ルミネカードもあるけど解約しようかと。)この2つのカードの海外保険についても調べてみました。

楽天カード

補償内容 保険金額
(傷害)死亡後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円(免責金額3,000円)
救援者費用 最高200万円

※楽天カードは、日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。

旅費の一部でも良いので、楽天カードで支払う事が必須。

今回航空券はANAのマイレージなので、家→空港までの空港バスを楽天カードで支払えば保険が利用可能。


ANAカード(一般)

補償内容 保険金額
(傷害)死亡後遺障害 最高1,000万円
傷害治療費用 ×
疾病治療費用 ×
賠償責任 ×
携行品損害 ×
救援者費用 100万円

航空会社のカードなのに、一番利用の可能性がある傷害・疾病治療や、賠償責任、携行品損害などの保証が無料のカードではありません。

旅行好きな人の利用者が多いはずのカードなのに、とても残念。

 


 

また、海外転居届を出さない方にはなってしまうのですが(海外転居届を提出すると国民健康保険の加入は出来ないため)

国民健康保険に加入している間に海外で病院に行った場合は、日本に戻ってきてから「療養費」として手続きをすると、その治療を日本円に換算した場合の金額か、実際払った金額のうち安い方の7割が戻ってきます。(要手続き)

日本は病院が安い国ではあるので、実際払った金額よりも日本円に換算した場合の方が安いと言う事もあるのですが、この国民健康保険は今回私が申し込んだ韓化総合保険や、日本で申し込んだ海外保険と合わせて請求する事が可能!

自身で申し込む物は海外旅行傷害保険なので。

 

出来るだけ病院のお世話にならないのが一番ですが、なんかあったときの為に覚えておきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Nagisa

韓国美容ライター。元エステティシャン。栄養士・調理師免許を持つ母の元、幼少期から『医食同源』の考えを教わる。韓国美容や東洋医学等に関心を持ち、単身渡韓。現地メディア会社でライターとして就業したのち日本に帰国。